文字サイズの変更
標準

高速道路吸音板製造

事業部:建材事業部

金属製遮音板

金属製遮音板
(旧) 日本道路公団は昭和50年に26社27製品を道路公団の指定遮音壁として認定。以降昭和51年10月1日以降の発注工事分より、現在の統一型吸音板が ベーシックパネルとして採用されています。弊社は 昭和50年当初より今日まで約40年間、統一型吸音板の製造を継続し都市景観、交通騒音の環境改善に貢献してまいりました。蓄積された長年の製造技術と信頼により すべての国内主要パネルメーカー様からライセンスをいただいています。

遮光板・防音壁

高速道路の防音壁
透光板
アルミ枠、スチール枠の2種があります。透光部分は、ポリカ、アクリル、ガラス等を使用し、日照、眺望を確保し透光性に優れたパネルです。

統一型吸音板
昭和49年に開発されて以来今日まで、国内の防音壁に最も採用されているパネルです。風圧荷重300kg/u、耐久性耐候性に優れています。

大型外装パネル

大型外装パネル
低炭素社会の実現に向けて省エネ、蓄エネ、創エネ等の環境関連ビジネス市場で、大型板金加工で蓄積された技術を駆使して、ガスコージェネレーション、太陽光、太陽熱発電架台、バイナリー発電等の大型外装パネルを製作しています。


〒300-4297  茨城県つくば市寺具1331-1
TEL 029-869-1111 FAX 029-869-0113